電子タバコと紙巻き煙草は何が違う?特徴や違いを解説!


電子タバコとはどんなもの?

電子タバコは、リキッドを蒸気気化し、発生させた水蒸気を吸って楽しむタバコのことです。従来の加熱式タバコとは違って、火を使わずにタバコを吸う感覚を味わうことができます。日本で流通しているリキッドの多くは、ニコチンやタールが0のものがほとんどです。歯や壁が黄色くなることもないため、気軽に吸うことができます。外国製のものであればニコチン・タールが含まれている製品もあり、輸入して吸うことが可能です。

紙巻き煙草とはどんなもの?

紙巻き煙草は、シガレットペーパーと呼ばれる紙で煙草の葉を巻いたものです。火を使ってタバコの葉を燃やし、フィルターを通して吸うことができます。スーパーやコンビニなどで取り扱っているため、買いやすい嗜好品です。気分転換やリラックス効果があるため、仕事の休憩や隙間時間に吸う人も多くいます。

二つの大きな違いとは

健康に影響する有害物質の有無が違います。電子タバコはリキッドにもよりますが、健康被害へのリスクが懸念されるニコチンやタールが含まれていません。紙巻き煙草は、ニコチン・タールが含まれているため、健康被害だけでなく依存性が高まる可能性があります。紙巻き煙草は、煙草の葉を燃焼させると独特のニオイが発生します。電子タバコだと煙草のニオイが発生しないため、周りに気を使う必要がありません。コストパフォーマンスにおいても違いがあります。電子タバコはリキッドを補充するだけで、本体は何度でも使えるため、タバコの費用を節約することができます。紙巻き煙草は、基本的に使い捨てであり、吸う本数が多いと費用が多くなりがちです。

ニコチンリキッドには通常のタバコのフレーバーだけでなく、フルーツフレーバーやスイーツフレーバーなどをはじめ、様々なフレーバーがあります。