内祝いに何を選んだらいい?喜ばれやすいギフトとは


日用品など生活に必要なアイテム

まず喜ばれやすいのは、日用品など世代や性別を問わず生活に必要なアイテムです。例えば内祝いの定番であるタオルもこれにあたります。バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオルなど種類はさまざまありますが、どれも誰でも使うものばかり。つまり、絶対使えるので喜ばれやすいということです。少し特別感をプラスしたいのであれば、タオルの素材やデザインなどにこだわると良いでしょう。手触りの良い高級な素材を使用したものなどは消耗品のイメージが薄れ、スペシャルな雰囲気が増します。デザインも贈る相手が花が好きな人なら花柄、好きな色があるならその色のタオルなど、相手の好みに合わせてセレクトするとより喜ばれやすいでしょう。タオルのほかには洗剤類などもおすすめです。

普段なかなか買わない高級食材

ギフトの品をセレクトする際のコツとして「普段なかなか自分では買わないようなものを選ぶ」というものがあります。日用品のような絶対使うものはもちろん喜ばれやすいでしょう。ただし「使ってみたいけれど自分では買わないようなアイテム」をもらったときも人は嬉しいものなのです。これに当てはまるのが高級食材です。高品質なブランド肉や魚介類、希少な食材などを普段から頻繁に購入する人はそう多くはないので、きっと喜ばれるはずです。なお、ずっと残るギフトは相手の好みに外れたときに迷惑になりそうだという考えから「消えもの」を選ぶ人も多いですが、高級食材なら消費できるのでぴったりです。

内祝いとは、身内の方や近所の方、お世話になった方の結婚や出産があったときにギフトを贈り幸せのお裾分けをすることを意味します。