デザインより機能?花粉対策メガネの正しい選び方


利用シーンに合わせた形状の違い

日本では毎年春先に飛散する花粉に頭を悩ませる人がたくさんいます。この花粉対策の有効な手段の一つと言われているのが専用のメガネです。メガネを購入するに当たって知っておくべきポイントの一つに形状の違いがあります。花粉対策メガネの形状は大きくゴーグルタイプとスポーツタイプの2つです。ゴーグルタイプはフレームにフードが付いているのが特徴になります。商品によってはフードだけを取り外せる物もあるので、通常のメガネとして利用することも可能です。スポーツタイプは文字通り運動時の利用を想定して視野が広く確保されているのがポイントになります。視界が遮られる心配がないので車の運転にも最適です。

機能を重視して選ぶコツ

花粉対策メガネは文字通り杉を始めとした花粉が目に入らないようにすることを目的としたメガネです。そのため、デザインはもちろん機能性にも注目しなくてはいけません。花粉対策メガネのチェックポイントは花粉や紫外線のカット率、呼吸によるレンズの曇り難さなどがあります。花粉症に悩む人はメガネと合わせてマスクも着用するため、特に曇り難さは重要です。購入をする前に実際に着用をして確かめておかなくてはいけません。レンズやフードに付着した花粉を洗い流せる物を選ぶとより手入れがしやすくなります。

フィット感を確かめる

花粉対策に限らずメガネを着用する上で気を付けなくてはいけないのがフィット感です。フィットしていないメガネを選んでしまうとツルによる耳の痛み、上下のズレなどが起きてしまいます。マスクを着用する時は紐による耳への負担も加わるので試着で違和感がないかを確かめておくことがポイントです。

メガネの花粉対策には、花粉用のメガネがあります。メガネショップやドラッグストアだけでなく、百円ショップなどでも売っています。